ポンプのプロトタイプ作成


続いて、水やりの機構を作成していきました。

案はいくつかありましたが、設計・制御・コストなどを鑑み、

ポンプを利用することにしました。

ちなみに利用したポンプはこのような石油ポンプ

石油ポンプ

これでこのような簡易的に水やりポンプのプロトタイプを作成

IMG_0164

これをRaspberryPiで試しに動かしてみる

IMG_0167

無事、水やりができることを確認

IMG_0168

水やりが出来ることは確認できたものの、ポンプからシャワー部の占める体積が大きく、

水が出るまでに時間が掛かる・ポンプを止めても中に残った水が止まらない

などの問題があり、パイプやシャワー部を細くし、全体の体積を小さくする必要があることがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です